ひきだしの中をガサゴソを探ってみれば・・・

工場には何らかの理由で製品になれなかった部材があったりします。これもその一部です。

たしか、ふせんを台紙に貼る作業を社内でするかアウトソーシングするか、途中で変更になってしまい、処理されずに余ってしまったのですが、製品としての品質は問題なく、筆記性も粘着性も本製品と全く同じです。

もったいない。

残しとこ。

何かに使えるはずや。

いつもこの精神で、なんやかんや部材を残しがちなんですが、結局使わないのじゃそれこそ「もったいない」となりまして、ほな、となひきのお客さんに使こてもらおう!企画の第一弾です。


【キャンペーンの詳細】

開始:2022年1月24日(月)のご注文から

終了:予定数量になり次第キャンペーンは終了となりますのでご了承ください

対象:となりのひきだしオンラインショップでお買いものごとに

プレゼント:ちっさい謎ふせん4個(15枚綴りの2種×2個)

発送:お客様のご注文の品に同梱いたします


実はこのちっさい謎ふせん、びわこふせんの一部でして、魚のおっぽ、水鳥の足をモチーフにしております。ちょっとはみ出して貼ることで、ブックマーク的な役割を果たしてくれます。

このカタチ・・・〇〇に見えるやん・・・

鉛筆でふせんに直に描きました。きのこです。さらに・・・

躍動感が付加されました。

では次、↓

バサッとしてるのか(野武士タイプ)

しっとりまとまっているのか(殿タイプ)

小さくてもなかなか憎いふせんです。この機に是非お試しくださいませ!